サイバー攻撃の調査、解析方法を学ぶ

サイバー攻撃対策技術訓練コース

受講生募集中!
次のセクションへ

サイバー攻撃対策技術訓練コース

コンピューター及びネットワークの基礎について、実際にネットワークで使用される機器を使用・紹介することにより、現実に敢行されたサイバー攻撃の特徴を学びます。
擬似ネットワーク環境において、サイバー攻撃手法の実演を聴講することで、ネットワークセキュリティにおける脆弱性と攻撃のパターンについて、その特徴や調査手法やサイバー攻撃手法を実機操作にて体験し、被害端末の解析手法及びログの調査手法を学習します。

<到達目標>
コンピュータ及びネットワークの基礎や最新の攻撃手法及び対策を習得し、最新の攻撃手法及び対策について理解し、サイバー攻撃が発生した際のデータの収集・解析方法を理解し、攻撃者の特定・追跡調査が行えること。

IoTハッキングハンズオンコースとは?

習得できるスキル

ネットワークアイコン

コンピュータ及びネットワークの基礎を理解できる

最新攻撃アイコン

最新の攻撃手法及び対策について理解できる

攻撃者の特定アイコン

サイバー攻撃が発生した際のデータの収集、解析方法を理解し、攻撃者の特定、追跡調査ができる

次のセクションへ

コースカリキュラム

Day.1 サイバー攻撃対策基礎
  • コンピューター及びネットワークの基礎
  • ネットワーク
  • 情報セキュリティの基礎
  • サイバー攻撃の事例
  • サイバー攻撃演習
Day.2、3 サイバー攻撃対策応用Ⅰ
  • サイバー攻撃の事例
  • 攻撃者の種類、判定
  • 不正アクセス、事前調査
  • 不正アクセス、侵入行為
  • 不正アクセス、侵入後の行動
  • 匿名化工作(TOR、VPN)
  • マルウェア(トロイの木馬、RAT、bot)
  • DoS / DDoS攻撃(Flood系、ログ解析)
  • 標的型攻撃(標的型攻撃の流れ、使用テクニック)
  • ソーシャルエンジニアリング、標的型メール、Drive-by Download、Pass the Hash
  • 標的型攻撃の痕跡
Day.4、5 サイバー攻撃対策応用Ⅱ
  • デジタルフォレンジックとは
  • フォレンジック調査の流れ、ツールの紹介
  • コンピューターアーキテクチャ
  • コンピューターの基本構造
  • ハードディスクの仕組み
  • ファイルシステム(FAT/NTFS/Unix系OS)の仕組み
  • データの削除、復元
  • 情報システムのセキュリティ、インシデントとは
  • 組織におけるインシデント管理、発生直後の対応
  • 証拠物の押収、証拠保全
  • Windowsの調査
  • Windows系OSの調査項目
  • イベントログの調査
  • レジストリの調査
  • 「ごみ箱」調査
  • Prefetchの調査
  • 「最近使ったファイル(項目)」の調査
  • 「ジャンプリスト」の調査
  • Webアクセス痕跡の調査
  • メールデータの調査
  • バックアップファイルの調査
  • 暗号化されたボリュームの調査
  • 各種ログの調査
  • ファイヤーウォールログの調査
  • プロキシサーバーログの調査
  • アクセスログの調査
次のセクションへ

サイバー攻撃対策技術訓練コース

受講日時 お問い合わせください。
受講期間 5日間
受講料 300,000円(消費税別)/1名
対象者
  • 最新のサイバー攻撃について知りたい方
  • 攻撃への対抗手段を取得したい方
  • 攻撃者を割り出したい方
300,000円(消費税別)/1名

受講お申込